iPad がヘッドフォン モードでスタックするのはなぜですか?

機能 iPad がヘッドフォン モードでスタックする iPad がヘッドフォン モードのままになることは頻繁に起こることではありません。この問題に直面したのはあなただけではありません。 iPhone はヘッドフォン機能を使用して引き続き機能しますが、多少のストレスを感じることになります。 原因がわからない場合はさらにイライラします。 一部のユーザーは、ビデオまたは通話チャット中に突然 iPhone または iPad からヘッドフォンを取り外したときにヘッドフォンの問題に遭遇しました。 iPadがヘッドフォンモードでスタックする問題を克服し、iPadを通常の状態に戻す方法はたくさんあります。 このガイドでは、iPad モデルで iPad がヘッドフォンから動かなくなる問題を解決するさまざまな方法を説明します。 提供されたすべての提案を自由に試すことができ、そのうちの少なくとも XNUMX つは確実に成功するでしょう。

iOSシステム復旧
AceThinker iOS システム回復

さまざまなiOSシステムエラーを修正し、通常の状態に戻します。

iiiii
iiiii
コンテンツのナビゲーション

iPad がヘッドフォン モードになる: 一般的な理由

iPad がヘッドフォン モードになる原因がわからない場合は、よく挙げられる原因をいくつか紹介します。

1. iPad が水に濡れたり損傷したりした後、ヘッドフォン モードでスタックする。

iPad を安全な高さから落としたり、濡れたりした場合は、内部が損傷している可能性があり、ヘッドフォンの問題が表示されます。

2. iPad にヘッドフォンが接続されていると思わせる汚れたヘッドフォン ジャック。

iPad をしばらく掃除していなかった場合、ヘッドフォン ジャックがほこりやヘッドフォン セットの中にあると思われて詰まっている可能性があります。

3. ヘッドフォンジャックが物理的または液体によって損傷した場合。

ヘッドフォンジャック全体が物理的に損傷しているか、内部に液体が浸入して損傷している可能性があります。

4. ヘッドフォンやスピーカーを急いで取り外さないでください。

iPad などのデバイスを使用する場合は、間違いが大きな損害をもたらす可能性があるため、細心の注意を払う必要があります。 ヘッドフォンをタブレットから素早く取り外しすぎると、デバイスが損傷する可能性があります。

5. アップデート後、iPad がヘッドフォン モードでスタックする。

iPad にダウンロードした最新のアップデートにいくつかの不具合が含まれており、デバイスでヘッドフォン モードの問題が発生している可能性もあります。

iPadをヘッドフォンモードから解除する方法(クイックフィックス)

1.iPadを強制的に再起動します

最初に行う必要があるのは、iPad を強制的に再起動することです。 キャッシュ ファイルの問題や、一時的に iPad の再起動を強制するソフトウェアの不具合が発生した場合は、問題が解決されます。 iPad をお持ちの場合は、電源ボタンとホーム ボタンを数分間押し続けます。 Apple ロゴが画面に表示されたらすぐにボタンを放します。 iPad が再起動され、ヘッドフォン モードでの iPad の問題は解決される可能性があります。

2. 機内モードのオンとオフを切り替えます

機内モードを有効にすると iPad はオフラインになります。これにより、デバイスがオンラインに戻ったときにヘッドフォン モードから抜け出すことができます。

機内モードを有効または無効にするには、次の手順に従う必要があります。

  • コントロールセンターに移動し、機内モードアイコンをタップします。 または、「設定」に移動し、機内モードを有効または無効にします。

3. ヘッドフォンを再度抜き差しします

もう XNUMX つの方法は、ヘッドフォンを iPad に接続し、XNUMX 分以内に外すことです。 これにより、iPad のヘッドフォン ジャックが有効になり、問題が解決されます。

4. iPad の iOS バージョンを更新する

iPad が古いソフトウェア バージョンを実行している場合は、最新バージョンに更新できる可能性があります。 これは、iPad がヘッドフォン モードでスタックする問題を解決するとともに、いくつかのバグを修正するのに役立つ可能性があります。

最新のアップデートには、ヘッドフォン モードのバグ修正が含まれる可能性があります。 その方法は次のとおりです。

  • 設定アプリに移動し、[一般] > [ソフトウェア アップデート] に移動します。 「ダウンロードしてインストール」を選択し、iPad で利用可能なアップデートをダウンロードします。

5.ヘッドフォンまたはLightningポートを掃除してみてください

照明ポートまたはヘッドフォン ジャックの汚れに汚れの兆候がないか確認してください。 また、破片がヘッドフォンポートを塞ぐ可能性があります。 さらに、ヘッドフォンの端が折れてオーディオジャックに残っている可能性があるため、iPad はヘッドフォンが接続されていないと認識します。 イヤホンジャックの照明ポートから物を取り出すのは複雑な場合があり、小さなミスでも取り返しのつかない損害を引き起こす可能性があることに注意してください。 ヘッドフォン ポートと Lightning ポートに空気を吹き込んでゴミを取り除いてみてください。 ただし、重要な結果が得られない可能性があることに注意してください。 あるいは、ストロー、綿棒、またはボールペンを使用してその領域の汚れを取り除くこともできます。 ただし、ヘッドフォン ポートと Lightning ポートを損傷しないように注意してください。

6. Bluetooth スピーカーを接続して動作するかどうかを確認します

Bluetooth 経由でヘッドフォンを接続することも、選択肢の XNUMX つです。 有線ヘッドフォンをポートから取り外した後に指示されていないため、有線ヘッドフォンを取り外すときに iPad が混乱する可能性があります。 接続を切断する前に、Bluetooth 経由でスピーカーをデバイスに短時間接続すると、ヘッドフォンのモードが変更され、iPad の電源が切れやすくなる場合があります。

7. ケースを取り外します

ケースは物理的な危害から保護できますが、オーディオ ジャックの機能を停止し、デバイスがヘッドフォンに接続されていると思わせる可能性もあります。 ケースにより、信号を iPad に送信してヘッドフォンを有効にするさまざまなボタンが押されている可能性があります。 上記の問題はケースを外すことで解決できます。

数回のクリックでiPadがヘッドフォンモードでスタックする問題を修正(100%動作)

上記の方法がうまくいかない場合、ここで利用できる唯一のオプションは、専用の回復ツールを使用することです。 AceThinker iOS システム回復 iPhone または iPad のヘッドフォン モードの解除など、さまざまなソフトウェアの問題を解決できます。 使い方は簡単で、デバイス上のデータを消去せずにシステムのエラーを修正します。 さらに、使いやすいユーザーインターフェイスを備えているため、システムの問題を自分で解決するのは複雑すぎたり、回復中にデータが失われたりすることさえ心配する必要はありません。 ソフトウェアの問題の解決に関する情報がない場合でも、タスクを完了するのは簡単です。

主な特長:

  • このソフトウェアを使用すると、あらゆる問題に文字通りすぐに取り組むことができます。 その強力なパフォーマンスのおかげで。
  • システム回復ソフトウェアは、iOS システムの 50 以上の問題を修復できます。
  • デバイスを接続すると、数回クリックするだけで問題を解決できます。
  • iPhone を復元するための XNUMX つの異なる方法が付属しています。
  • この iPhone/iPad/iPod システム修復ツールは、デバイスを危険にさらすことはありません。

無料でお試しください

無料ダウンロード

Windows 8 / 10 / 11

安全なダウンロード

無料ダウンロード

Mac OS X 10.15以上

安全なダウンロード

iPad のヘッドフォン モードを解除するにはどうすればよいですか?

ステップ 1 ソフトウェアを入手してiOSシステムリカバリを起動します

AceThinker iOS System Recovery をコンピュータ/ラップトップにインストールする必要があります。 インストールが完了したら、プログラムを起動し、メインインターフェイスから「iOS System Recovery」オプションを選択します。

ace ios system recovry main interface

ステップ 2 iPadをコンピュータに接続する

次に、USB ケーブルを使用して iPad をコンピュータに接続し、[スタート] ボタンをタップして実際のプロセスを開始します。

connect your device and hit the start button

ステップ 3 クイックフィックスモードを試してみる

デバイスが正常に検出されたら、次のウィンドウに移動して iPad 情報を確認します。 iOS デバイスの一般的な問題を修正するには、無料のクイック フィックス オプションを選択できます。 Quick Fix ソリューションは、デバイスのフリーズやクラッシュなどの一般的な問題をわずか数秒で修正できます。 このソリューションで問題が解決された場合は、より高度な代替案を続行する必要はありません。

choose between standard and advanced repair mode

ステップ 4 次の修復モードに進む

いずれにせよ、前の方法で iPad がヘッドフォンに引っかかって修正できない場合は、[修正] ボタンを押すことができます。 このボタンをクリックするとウィンドウが開き、状況と要件に応じて修復モードを選択する必要があります。 ここで使用できるオプションは、標準モードと詳細モードの XNUMX つです。

get the latest firmware and install it on your device

ステップ 5 ファームウェアをダウンロードする

必要な修復モードを選択した後、ファームウェアの詳細を確認する必要があります。 ファームウェア パッケージをダウンロードすると、iPad 上で問題が自動的に解決されます。

wait until the fixing process is finished

最終的な考え

iPad の更新停止は無害な問題のように見えますが、ヘッドフォン ポートまたは Lightning ポートが物理的な損傷を受けている可能性があるため、まったく別の問題です。 問題の原因が不明で、問題の原因を特定するのに時間を費やしたくない場合は、AceThinker を使用してデバイスのシステムを修復することもできます。

コメントを残して、ディスカッションに参加してください
著者の肖像画
投稿者 ジョーケリー 〜へ iOSシステム復旧

最終更新日:4年2023月XNUMX日

iOSシステム復旧
さまざまなiOSシステムエラーを修正し、通常の状態に戻します。
ダウンロード
側面画像
ユーザーガイド
トップに戻る